民間と役所では違う?ペット火葬にかかる費用の目安

民間と役所、いずれかでペット火葬をする時に覚えておきたいこと 民間と役所、いずれかでペット火葬をする時に覚えておきたいこと

みんなが気になる各業者ペット火葬費用を徹底解説

ペットを見送るにしても、一定のコストがかかります。相場を知らないと悪質業者の被害にあって、高額請求されるリスクがあります。民間業者と役所それぞれの火葬費用について相場観を知り、もしもの時に備えましょう。

民間ペット火葬業者と役場のペット火葬費用を比較

民間ペット火葬業者の費用
民間のペット火葬費用は、体重や火葬スタイルで変わってきます。合同火葬より個別火葬が高くなり、体重は重いほど高くなります。求めるサービス内容によっても相場が変わってくるため一概には言えませんが、小型犬で2万円〜3万円、大型犬だと4万円〜6万円を一つの目安に考えましょう。火葬以外のサービスとして、仏壇や個別墓地を希望する場合は請求金額が跳ね上がります。ペット霊園や納骨堂を使う場合は、維持費用もかかります。自宅で手許供養するスタイルなら維持費用はかからず、メモリアルグッズだけで済ませる数千円程度の追加ですみます。いくつかのオプションサービスをセットにして金額を明確化している業者もあるので、予算に応じたご供養を考えましょう。
役所のペット火葬費用
役所のペット火葬費用は比較的良心的な価格に設定されているもので、数千円から1万円程度と考えてください。民間業者のように身体の大きさや火葬方法で値段が変わることはなく、一律価格で依頼できます。費用負担が減る反面で事務的な処理になりがちで、ペットが「もの」として扱われることに嫌悪感を抱く方もいます。単純な費用だけで比較すると民間業者よりも負担が少なくなりますが、満足がいくご供養ができるとは限りません。お見送りを十分にできないと、気持ちの整理がつかないものです。ペットも家族の一員と考えるなら、関係者みんなの意向を踏まえた選択が求められます。ご夫婦やお子さまとよく話し合って、お別れ方法を考えてみましょう。

TOPボタン